一期一会

一期一会
2015/07/10

人との出会いを表すことわざや四字熟語を挙げるとしたら「一期一会」という言葉を思い出す人も多いのではないでしょうか。
これは、茶道の千利休が残した言葉です。
茶道の心得として「あなたとこうして会うのは、一生に一度かも知れない。そう思って、真心を込めておもてなしをしましょう」という意味があるのが「一期一会」です。
とは言え、本当にその人と会うのが一生に一度であるわけではありません。
何度だって会う機会はあるかも知れません。
しかし、それでも「この一度きりだ」と思って、おもてなしをすることが大切であると、千利休は言っているのです。

これは何も茶道や、接客をする時だけの心得ではありません。
この地球上に何人の人がいるでしょう。
日本国内だけを見ても一億人以上の人がいるのです。
人と出会うということは、それこそ天文学的な数字の確率なのです。
その中で友達になる、恋人になる人がいたとしたら、それはもう奇跡的なことです。

出会いを無碍にしてはいけません。
もしかしたらそこに友達、恋人になれる可能性があるかも知れないのですから、チャンスを素通りしないで下さい。
また、既に出会っている人を大切にして下さい。
自分も人も、いつどこでどうなるか分かりません。
不慮の事故で、明日には自分がこの世にいない可能性だってあるのです。
「一期一会」、もし誰かと出会ったのなら、それが初めての人であっても、既によく知っている人であっても、その時を大切に過ごしたいものですね。

恋愛感覚

合計:17件