音信不通は最もやってはいけない

音信不通は最もやってはいけない
2015/05/25

嫌なことを連絡するのは誰であっても嫌であり、できればしたくないものです。

出会いをしたは良いが、やっぱり気が変ってしまったということは誰にでもあるでしょう。
そのような時相手にそれを伝えるのはなかなか気まずいものです。
しかしそこでしっかり伝えることが重要となります。

これは子どもも大人も関係なく重要なことであり、社会人である場合は、重要な礼儀になります。
相手にしっかりと伝える努力を欠かしてはいけないと言えるでしょう。

出会いを放棄したい場合に一番やってはいけないのが、音信普通にすることと言えるでしょう。
いつかはどうにかなる、まだ連絡しなくても良いと考えている場合、高い確率で音信不通になってしまいます。

このように考える時は、ほとんどその出会いに興味がなくなってきている証拠なので、その時点でしっかりと連絡をとって、断ることが必要となります。
音信不通の状態が長期的になればなるほど、連絡はしづらいものになってきます。
当然自分のプレッシャーも大きくなるでしょう。
気持ちを切り替える上でも、しっかりと連絡を取っておく必要があります。

連絡をしても、相手が何も行動を起こさない場合は、音信不通になってしまってもしょうがないところはありますが、そうでない場合は、連絡が取れるまで何回か相手にアプローチする必要があると言えるでしょう。
それは出会いをした者同士の、最低限のマナーとなります。